大会概要

sample02近畿の屋根と言われる吉野熊野国立公園内に位置する大台ヶ原。その神秘の峰々を望みながら走る「ヒルクライム大台ヶ原」は、距離28km、標高差1240mを競うタイムレース。「上級者向き」、「初心者には敷居が高い」と言われてますが、第1回大会より村民ボランティアによる手作りの大会で、アットホームな雰囲気の中、レース初心者から熟練者までが各々のスタイルで楽しんでおられます。ロードクラス、MTBクラス、チーム(ロード)クラス、親子クラス、カップルクラスに加え、小学校4年生~中学校3年生までの「ジュニアクラス」、小学校1年生~3年生までを対象とした「キッズクラス」を設定しています。また、平均勾配9.3%の林道区間に激坂区間賞を設けています。

ヒルクライム大台ヶ原 since2001
主 催 ヒルクライム大台ヶ原 since2001 実行委員会
大会会長 山室 潔(上北山村長)
共 催 上北山村・奈良県
主 管 ワーク21上北山・KRC(上北山ロードクラブ)
後 援 環境省近畿地方環境事務所・奈良県サイクリング協会
開催日時 第19回(2020年)ヒルクライム大台ケ原since2001 開催中止

次回大会につきましては、決まり次第お知らせします。

大会会場 奈良県吉野郡上北山村河合(清流橋周辺)~大台ヶ原山頂
競技内容 国道169号線清流橋から小処温泉方面(林道辻堂山線)を経て
県道大台ヶ原公園川上線を大台ヶ原駐車場までの登坂コースで行うタイムトライアル。
標高差 1,240m、距離28km
(ジュニアクラスは、小処温泉分岐を経て左又谷までの標高差250m、距離10km、キッズクラスは、小橡健民グラウンドまでの標高差25m、距離2.6km)
参加定員 800名(定員になり次第締め切ります)
エントリーはこちらから